RENAVIS

RENAVISの取り組み

地球温暖化防止に貢献します

化石燃料を使う火力発電は温室効果ガスであるCO2を大量に出してしまいます。CO2をほとんど出さない地熱発電は、地球温暖化対策として重要な発電方法であり、地熱発電は低炭素社会の実現に貢献します。

エネルギー自給率向上に貢献します

現在の日本のエネルギー自給率は4%であり、化石燃料のほとんどを輸入に頼っております。 国外の事情によっては価格が高騰すると、経済にも悪影響をあたえる懸念があります。 国内の資源で発電する地熱発電が普及し、エネルギー自給率を向上させ、経済の安定に貢献します。

原子力への依存度削減に貢献します

政府は2015年6月1日開いた総合資源エネルギー調査会の小委員会で、2030年時点の日本の望ましい 電源構成として、原子力20~22%とする原案をまとめました。 再生可能エネルギーは2013年度比で約2倍の22~24%と、高い期待を寄せております。 地熱発電は安全なエネルギー確保に必要なベースロード電源です。